やっせんぼオヤジは進化してしまったのだ

BABYMETALに骨抜きにされたオヤジの綴るブログです。

新曲感想

f:id:yassenbo_oyaji:20180520090841j:image

米国🇺🇸南部ワンマンツアーも終わり、あとは明日のROTRのみ。でも明日は明日で楽しみですなぁ、というほどのワンマンの出来。いや、勝って兜の緒を締めよ、安心は禁物です。私があたふたしていても、まぁ全く影響ないんですけどね。

 

そんなこんなでひと段落したので、新曲感想をてきとーに書かせていただきます。

 

1:In The Name of

Legend Sでの衝撃が強かったせいか、この曲だけは何だか今回微妙。曲というよりも、舞台装置がライブハウスだと制限されるからねぇ。この曲は、大掛かりな舞台、がうがうさん達、スモークとレーザーの演出でおどろおどろしい雰囲気を創り出すものという刷り込みができちゃってるからな。殆ど振りもなく煽りもないので、ちょっと冗長な感じもある。被りものもあるので次の曲間も長くなっちゃうし。と散々な評価だけど、あくまでも曲というよりオープニングというポジションにおける適正。

ROTRでもこれをオープニングにするんだと思うけど、間延びしないか、ここだけが心配。

 

2:Distortion 

初日前日に配信され それだけでも充分インパクトあったんだが、やはりライブになるともっとカッコよくなる。

初見で「アニソンっぽいなぁ」て思ったけど、アニソンがメタルに寄ってるんだよね。まぁ分類分けに意味がないし、アニソンも悪くないと思っている(余談ですが、中川しょこたんの「空色デイズ」(名曲)が脳内シンクロしました)のですが、すぅさんパートがサビオンリーだったりエンディングがザクッと終わるとこなんかがそう感じさせるのかな。

初見感想といえば、てっきりLight-sideの曲だと思ったんですよね。デスボはあるけど、その後に入ってくるすぅさんの声の、その突き抜けた爽快感、清涼感が全てをひっくり返してパァーッ明転させてくれる。力強い歌詞と疾走感も相まって、前向きソング感を感じた。

ライブで観ると、まさにオープニングで客を鷲掴みにするキラーソング。疾走感、キャッチーさ、前ノリ感、ちょっと物足りないくらいのコンパクトさ。

この曲はほんとのオープニングにしても良いのではと思う。ハンドクラップ部を延ばして煽りを入れても良いと思うし、ギターソロを入れても良い余地がある。いろいろ想像の膨らむ曲だ。

 

3:Elevator Girl(仮)

この曲は4人のダンスが注目されてるが、刮目してほしいのは青山神のプレイ。パワフルかつ複雑なフレーズ。素晴らしい。

4人の接近ダンスは斬新だけど、一番好きなのは「お気をつけください」のところでのエレガ風お辞儀。妙にツボにハマっちゃいました。

 

4:Tatoo(仮)

一番書きたかったのはこの曲。凄く良い。

一発目でガツンとハートに突き刺さりました。ミディアムスローなテンポで奏でられるヘビーかつブルージィなリフ。ドライに歪ませた(まさにDistortion sound)ギター🎸がすごくはまっています。

すぅさんの気だるいように見せて図太い声もピッタリはまっている。

これはレッチリ好きな米国人には堪らないんじゃないでしょうか? 想像ですけど。

そして すぅさんダンス。My graduation tossのPVや2012卒業式シーンで見せていた、独特のロック感あふれるダンスが健在。そのままですねぇw  すぅさんの猫背ぎみで腰からリズムをとり長い手足をブン回す独特の動きが、こんなオールドスタイルロックにフィットするとは、誰が想像したでしょう。いや観る人からみたら、こういう曲をやらせたかったのかもしんないなぁ。とにかく、すぅさんの新境地 そして新たな魅力が詰まった一曲ですね。いや、もうね、どハマりデス。

 

どの曲も、英語のフレーズを盛り込んで、欧米メイトが歌えるようになっていますね。その上で、メインフレーズは日本語。

曲調はあえてメタルから離している。米国市場を広くターゲットにしているのだと思うし、マジにグラミー狙ってるのだと思う。まぁ「BABYMETAL というジャンル」を創り出しているんだし、このなんでもあり感を活用して予想の斜め上を行き続けてほしいなぁ、と思うわけです。

 

今回のワンマンツアーの映像を見て感じたのは、女性の声(シャウト!)が多いなぁと。そして小さい子も会場に来てたりして、なんかもう米国で本当にブレイクするんじゃないか感をビンビン感じる。

明日のROTR、メインステージの客をごっそり奪って、ガツンとかましてきてくださいな!

(と言いつつも、心配しながらこっそりツイをチェックする明日の昼前の姿を予見。ここはメイトというより父兄デス)

 

追記:今回のモアちゃん、「ハートの地球」の最愛ちゃんとシンクロしています。

f:id:yassenbo_oyaji:20180520112146j:image

f:id:yassenbo_oyaji:20180520112155j:image

 

Rock on the Range でヘッドライナー

f:id:yassenbo_oyaji:20180512082107j:image

みなさん!ほとんど話題になっていないけど、事件ですよ、これは。

っていうくらいの衝撃を受けたのが、20日に出演するRock on the Rangeでセカンドステージのヘッドライナーになった事。

f:id:yassenbo_oyaji:20180512082450j:image

事前のラインナップでは、TOOL, GODSMACK, STONE TEMPLE PILOTS, THE USEDに続く5番手だったので、2ndステージの2ndヘッドライナー位かなぁ、それでも凄いけど。なんて思っていたのですが、先述のバンドたちは全部メインステージなんですね。他の日はもっとメインステージに持って行っているので、そういうスタンスのフェスなのかなとは思いますが。(よく見たらメインステージ(スタジアム)とセカンドステージとでえらい差がありそうですね)

f:id:yassenbo_oyaji:20180512084947j:image

 

でもね、フェス運営さん、GODSMACKとSTONE TEMPLE PILOTSの間にベビメタを入れちゃってるけど、メインのお客をごっそり引き抜いちゃうかもしれませんぜ、ふふふ。

 

という妄想も沸き立つくらいの、米国ツアー🇺🇸のスタートダッシュインパクト。それについては後ほど書こうと思っていますが、そこで考えるのが「フェスはどうする?」

 

現地の夜7:00は暗くなって来ているのか、まだまだ明るいのか? 結構重要です。

基本今の米国ツアーバージョンでいくとは思うのですが、オープニングを今のでいくためには、暗いステージ・おどろおどろしい雰囲気・スモーク・照明が必要だと思うんだよね。

これが明るい野外だとどうなるんでしょうね。

BMDだとイメージしやすいのですが、まぁそんなストレートには来ないですよねぇ。

まさかの全然違うバージョンていう可能性もありますが、それも含めて楽しみです。

 

 

反「最新が最高」説

f:id:yassenbo_oyaji:20180506183537j:image

いよいよ今週から米国ツアーが始まりますね。

もうわくわくして仕事になりませんが、普通なら憂鬱なGW明けの1週間がこんな彩りのある時間になるんですから、本当に感謝です。

ダークとかライトとか7とか10とか時空とか、なんか色々有りますが、これまでの傾向を考慮すると「なんじゃ、これ?」という肩透かし感満点なオチだと思っています。まぁそう思う方が気楽ですしね。

とりあえず私は「シンコペを演るのか?」というちっちゃな注目点を持って、待っています。

 

と、そんなこんなで、今回の公演もこれまでを上回るクオリティを観せてくれると思います。てかそれだけでも凄いことなんですが、常々思っていた、そして私も当然のように使っていたワード 「最新が最高!」について反論というか考察をして見たいと思います。

 

「最新が最高」

これは勿論まぎれもない事実ですし、真実だと思います。でも、そうだとすると、過去のものは古びた陳腐なものになっていくはずですが、全然そんなことないですよね。

つまりはそういうことを言いたいだけなのですが、やはりソニスフィアは涙ぐむし、ロンドンTheFORUMはいつ見ても最高であり、メトロックも最高だし、Wembley にはいつも感動する。

「全部が最高」なのである。

なんてことで文章終わったらあふぉみたいなので、もうちょっと書きますね。

 

なぜ、「最新が最高」なのにもかかわらず、「全部が最高」というパラドックスが違和感なく存在するのか?

結論からいうと「その時点での最高傑作を演っているから」ていう事かなぁと思うわけです。

その時期にしか出せない歌声とダンスと演奏がある。

メトロックの子鹿のような躍動感のあるダンスはあの頃だからこそであるし、ソニスの緊張感と達成感は二度と味わえない。ダウンロードUKのKARATEの征服感(?)も。

紅月やNRNRは、いつのバージョンのでも何回でもリフレインして聴く。当然飽きないし、それぞれの味わいを楽しめる。

 

その時点での最高を出そうと一生懸命パフォーマンスしている事と、それにまつわる背景を理解して観る・聴く。それにより「全てが最高」となるんだ、と書いてみたが、実は上記の後者もさほど重要ではないのかもしれない。

というのは、海外のリアクターの映像をYouTubeなどでよく観るんだけど(映像としては武道館かソニスかダウンロードかドーム)、みんな最初はよく喋ってるんだけど、曲の途中から喋らなくなり画面を食い入るように観る(リアクターなのにw)、んでその動画を見ているおいらもいつのまにか動画の中の動画(つまりはライブ映像)に没頭して、リアクターがリアクションしてない事も気付かない、なんて状態になる。

つまりは背景なんか知らなくても、過去の映像でも、魅せられるという吸引力。

うーん、「その時点での最高を一生懸命パフォーマンスしているから」説だけでは既出感満載なんだけど、それにドラマ性も加わるんだから無敵ですよね。武道館でゆいちゃん落ちちゃったとか、イヤモニ聞こえないとか、マイクがないとか、病欠とか、そんなん知ったらもうね。

「それがメイトなんだ!」

いや流石に、これじゃまとまらんか。 でもね、アルバム2枚ぽっきりの楽曲を何百回も聴いて、飽きないどころか感動したり涙ぐんだりするアーティストに出会えたことに、本当に感謝しています。

そして、仲間も増えて共感しあえる。

最高かよ!

(んにゃ?結論がおかしくなったようだけど、まぁいいか)

 

ROCK酒場に行ってきた

f:id:yassenbo_oyaji:20180428172007j:image

先週末 秋葉原に出張があったので、その帰りに以前から行きたかったROCK酒場Dioさんに行ってきました。秋葉原から5駅なので近いですね。

土曜日は比較的空いているとのことで、のんびりまったりと、マスターの美味しい料理をいただきながら呑んできました。

f:id:yassenbo_oyaji:20180428172323j:imagef:id:yassenbo_oyaji:20180428172334j:image

店内の大型モニターでは、Rainbowのライブ(1976年くらい?)が流れていました。ロニー・ジェイムス・ディオがボーカルで、リッチーブラックモアちゃんがギターの時代。ドラムはもちろんコージー・パウエル

フリーペーパーも頂いちゃいました。

f:id:yassenbo_oyaji:20180428172727j:image

マスターとの話で「ベビメタ好きになって、最近HMHRに復帰したんデス」って話をしたら、「最近そういうお客さん、多いですね」とのこと。実はそのお客さんの一人に勧められて行ったんですけどね🤣

マスターはGun’sのライブに行ってベビメタを見たとのこと。

 

カウンターにいた別のお客さんとも話をしながら、短い時間でしたが楽しい時間を過ごしました。

 

そんなこんなで、また6月に米国ツアー参戦メイトさんの凱旋報告会をこのお店でさせていただく予定にしています。みんなでワイワイ楽しみましょう!

 

 

 

藤岡さん追悼ライブ

f:id:yassenbo_oyaji:20180424121748j:image

昨夜、藤岡さんの追悼ライブに行ってきました。書きたいことがいっぱいあるけど、最も印象的だったことのみにします。

 

仮バンド

素晴らしかったです。別次元のクオリティを最初の一音から感じさせてもらいました。

 

2曲目 HarmonyX、始まった途端に涙がぼろり。何故かわかんないけど。

でも曲が進むにつれて「ん?!」。ギター🎸ISAOさんが弾いてると思ったら、違う。左端のギタリストが弾いてる? でも弾いてる雰囲気でもない。 結論としては、このギタリストこそ今回の最大のインパクト😊

その後の紹介で、藤岡さんの愛弟子・岡さんだとわかりました。

クソ難しいフレーズを淡々と弾く、あまり手数を感じさせない(何なんでしょう、スムースって事なのかなぁ)プレイスタイル。 藤岡さんとはまた少し違うんだけど、音はジャズフュージョン(藤岡さん&ホールズワース)。正統に引き継がれています。

今まで知らなかっただけなのですが、こんなギタリストがいたとは日本の音楽界も奥が深いですねぇ!

 

最初見たときは「ルカさん?でも若いし」って思ったんだけど、お父さんが米国人🇺🇸とのことで、にゃるほど。

初期の仮バンドにも参加されていたんですね。

 

神バンドにおいて、藤岡さんのメタルっぽくない(良い意味で)ギターのアクセントがなくなって、どうなるんだろうと思っていましたが、いやこれは安心です(勝手に神バンド入り内定してますが)。

First impression って大事です。それを放つことができるのも才能です。それがあると感じました。まぁべた褒めですね、はい。

 

という発見もあったのですが、ISAOさんのギターもよかったし、西脇氏のハーモニカもよかったし、桑原さんのエモいキーボードもよかったし、前田さんのソリッドで太いドラムの音もよかったし、BOHさんのエロいフレーズもよかったです。もっともっと聴いていたかった、そんな仮バンドでした。

本当に凄いクオリティでした🦊

行ってよかった!

f:id:yassenbo_oyaji:20180424124133j:image

 

追記

5年前の岡さん。

https://youtu.be/aI1PRQoqHGk

6分くらいから藤岡さんとセッションをするが、師匠ガンガン行くので圧倒されてる感じ。

今はさらに成長された模様デス。

 

楽しい週末

f:id:yassenbo_oyaji:20180421113511j:image

娘が一人暮らしを始め、かみさんとの二人暮らしになった。さぞかしブログアップ頻度が上がるだろうと思ったら、家に帰ったらすぐ呑んでしまうので逆に書く時間がなくなっちゃいました。今までは塾のお迎え待機時間に書いてたんだよなぁ。

という言い訳甚だしい出だしですが、マイペースで書いていきます。

 

ではなぜ今書いているかというと、昼からの会議(聴くだけ)待機中で暇なんデス。お付き合いください!

 

今日は会議が終わったら、Rock酒場Dioに行ってみようと計画しています。初デス。 まぁこういう企みがあるので、休日仕事でもモチベーションが保てるんだよね。ここについては後日書きますね〜。

 

先週末は新宿の聖地 FOXGODに行っていました。城ホール&広島でアフターやった仲間たちとですが、楽しすぎで、飲みすぎて、自分でも笑っちゃうくらい帰り道は千鳥足でした。転ばずに済んだ自分を褒めてあげたい! お店ではフォロワーさんにもお会いできたし(冒頭のマグネットカードありがとうございました😊)、初めて来たというご夫婦(良いですねぇ)ともお話できて良かったです。

FOXGODの前には、近くの塚田農場で1次会(0次会)。そこのバイトの娘が有能で、ベビメタメイト連中だと知ると、これでもかと心をくすぐるおもてなしを。

f:id:yassenbo_oyaji:20180421114958j:imagef:id:yassenbo_oyaji:20180421115008j:image

ロゴまで調べたんだね。出世するよ、キミ。間違いない。

という事で、これでもかという位ステマちっくブログになっていますが、又使わせていただきます。

 

先週のメイト飲み会、今日のRock酒場、そして月曜日は藤岡さん追悼ライブと続きます。藤岡さんライブは、どんな内容になるのか予測不明ですが、楽しみです。物販もいっぱい買います!

f:id:yassenbo_oyaji:20180421115616j:image

でも早くアメリカツアー🇺🇸始まんないかな〜

 

 

 

Legend-S LV番外編

 

f:id:yassenbo_oyaji:20180408103801j:image

あれからもう一週間ですかぁ、はぁ。

LV当日は、早寝早起きじじいの体内時計を撹乱すべく19時に会場近くのカプセルホテルで仮眠を取りました。ん?取れたのかな?っていう感じだったのですがね、結果的には。 このサウナ&カプセルホテルが謎システムの迷宮で(これについて書くと一報できちゃうので割愛)、逆に目が冴えてしまった。

まぁそんなこんなで会場に11時ごろ着いて、DMで連絡を取っていた大阪メイトさんとご挨拶。

城ホール、広島でご一緒だった方達なのですが、有難いですねぇ こういうお付き合い。

加えて今回はアフターにもお誘いいただき、参加させていただきました。

アフターは歩いて10分くらいの焼き鳥チェーン。20人くらいいらっしゃったんでしょうか。そこでも初対面の方々とご挨拶 そして手作りグッズもいただきました。有難うございます!そしていつも恐縮デス。 

LV終了後、謎のお告げに首を傾げ、アフターでも首を傾げ、みんなであーだこーだ言っていたのですが、まぁそれも楽しかったかなと。モヤっとするのが嫌だった方も大勢いたのかなと思いますが、私はみんなの想像をふむふむ聴いているのが楽しい(主体性ゼロw)なので結構楽しめました。答えはシンプル&あれれぇって感じなのかなと思ってます。

 

家に帰って、wowow見直して思ったのですが、すぅさんの声がほぼ生音の曲が多いですね。ライン録りそのままというか。

多少の修正はしていると思うのですが、これは凄いですね。カラオケでもエフェクトなしの生音は聴けたもんじゃない(比較が雑過ぎ🌲w)。

あとwowow ではNRNRがカットされていましたが、デロの目玉としては まぁそうでしょうね。これを観たくてデロ買いますよ、そりゃ😭😖😁

 

アフター会は4時で失礼して、ひと眠りして次の朝 娘の大学入学式(出席はしないけどお見送り&留守番)になんとか間に合いました。

こんなお父さんでごめんね🙇 でも行動と気持ちは20歳くらい若返っているんだよ!(娘にとっちゃ、なにそれ だけどね😖)

まぁ元気と楽しい生活が1番!って事です。

 

というわけで、大阪メイトさんたち ありがとうございました!

またお会いしましょう!